• HOME
  • twitter
  • facebook
  • Line
  • youtube
  • お仕事体験
  • 資料請求
 薬業科 2年制 [昼間]/業実践専門課程認定

お客様の健康と美容を身近で支える存在になる

登録販売者ってどんな仕事?
登録販売者は、これからの医療業界で求められる、お薬やサプリメントに対する知識を持ったスペシャリストです。一部の商品を除いて、ドラッグストアで販売されている医薬品を販売することができます。薬剤師不足のため業界で強く求められており、将来的には自分で店舗を開業できるなど、大変注目されています。
登録販売者とは
登録販売者と薬剤師の違い
処方箋に基づく薬の調剤ができるかできないか、そして安全上特に注意が必要とされる第1類医薬品の販売ができるかできないかの違いがあります。 右の表を見て分かるように、登録販売者は一般医薬品のうち第1類を除いた9割以上の医薬品(副作用リスクの低い風邪薬や鎮痛剤)を扱うことができます。

ニーズ拡大で求人数増加

ドラッグストアの店舗数は年々増加し、それに伴い医健への求人人数もup!近年ではドラッグストア、薬局以外でもお薬の販売をする店舗が増え、市場が拡大しています!

安定した業界

全国に店舗を持つ企業に就職することができます。

店長やエリアマネージャーをめざし
キャリアアップできる!

『開業して自分の店舗も持てる!』
『本社勤務で薬の買い付けもできる!』

セルフメディケーションで
日本の医療に貢献!

国はセルフメディケーション(軽度の身体の不調は自分で手当てすること)を推進しており、お客様と直接接点をもって医薬品の紹介ができる登録販売者の活躍を期待しています。

活躍できるフィールド
ドラッグストア
お薬(第2 類・第3 類)の販売を行います。一般医薬品(かぜ薬や鎮痛剤など)を中心に漢方やサプリメントなど健康・美容に関する商品も取り扱います。
調剤薬局
調剤を主に扱う医薬品販売店舗にて一般医薬品等の商品を取り扱います。
調剤事務としてお薬代の計算をしたり薬局においてある一般医薬品の販売を行います。
大手商業施設
幅広い品目の商品の中で「登録販売者」資格取得者として販売・接客の業務に貢献します。
化粧品メーカー
メイクアップの資格を取得し、医薬品やサプリメントと合わせて身体の内からキレイにできる美容部員として活躍できます。
独立開業
将来的にドラッグストアや薬局など、店舗を持ち開業することもできます。
薬業科の強み
即戦力となる登録販売者育成をめざした福岡医健独自のカリキュラム!!
現場力を養い、さらに自立進学が可能!ワーク&スタディ制度を導入!
在学中の実習で店舗管理者もめざせる!
薬局や薬店などのような店舗販売業者は、医薬品の販売を正しく行うために、店舗販売業者、薬剤師もしくは、 登録販売者のいずれかを店舗管理者として指定し、管理させなければならないと薬事法では規定されています。
実務実習の様子 ~平田さんの場合~
薬業科2014年卒業 山口さん ■ 株式会社ドラッグストアモリ勤務
■登録販売者をめざすあなたへ
登録販売者は地域の方々にとって最も身近な健康アドバイザーです。お客様の症状の判断、医薬品の説明は責任の重い仕事です。しかしお客様から感謝していただける素晴らしい職業です。一生懸命勉強して資格を取り、お客様のために知識を活かすことができた時、登録販売者になってよかったと必ず思うことができるはずですよ。
■仕事のやりがい
ドラッグストアでの勤務は、身に付けた知識をすぐに活かすことができます。多くの知識を身に付けるほど、お客様からの信頼は厚くなります。これまでに「あなたが選んでくれた薬がとても 良く効いた」とわざわざお礼に来てくださったお客様もいらっしゃいます。多くの方の役に立てるとてもやりがいのあるお仕事です。
山口さんの1日のスケジュール
出勤
新商品・納品物・お客様注文・連絡事項の確認を行います。
開店準備
シャッターを開け、のぼりを出したり清掃や商品の発注を行います
開店
開店したら接客・レジ業務のほか、商品を店頭に出したりします。
休憩
昼から出勤したスタッフと業務の引き継ぎをします。
商品発注・化粧品の入れ替え
災害に備え、様々な訓練を行っています。日々のトレーニングで体力作りも欠かせません
退社
※店舗によっては遅番店舗もありシフト制となっています。
体験入学・説明会はこちら 資料請求はこちら
TRUSTeプライバシー・プログラム