既修得単位認定制度

既習得単位認定制度とは

大学・短期大学・専門学校の専門課程において既に履修された授業科目(基礎分野・専門基礎分野)で、本校のカリキュラムと同一授業科目もしくは、授業内容が同一のものである場合、本校の開設されている授業科目の単位数で認定します。
また学校長が判断した場合、授業科目が同一でない場合に単位を認定することがあります。

既習得単位認定のケース

  • Case01

    大学・短大卒

    最大14万円免除

  • Case02

    医療系専門学校卒

    最大72万円免除

  • Case03

    内部進学

    最大92万円免除

既習得対象科目

基礎科目 コミュニケーション論、外国語、情報処理、英会話、心理学など
専門基礎科目 解剖学、生理学、運動学、病理学、公衆衛生学など

既習得単位認定の流れ

  • STEP.01

    説明会等参加~入学手続き

    イベント参加

    まずは随時開催中の学校説明会、夜間説明会、平日見学等に参加し、単位認定の対象になるか教職員にお気軽にご質問ください。

    出願(社会人入試)

    出願(社会人入試)
    締切日:学生募集要項をご確認ください。
    社会人入学選考(6月~3月)
    面接、書類選考
    ※定員になり次第、募集を締め切ります。
    ※看護科は専攻科目・日程が異なります。
    合格
    入学選考から1週間以内
    入学手続き
    2週間以内に入学手続きをしてください。
  • STEP.02

    入学~申請

    既習得単位認定申請

    申請書類
    1. 既習得単位認定申請書(本校所定書式)
    2. 該当校の成績証明書
    3. その他本校が必要と認めた書類
    申請書提出期限
    入学後~1ヶ月以内

    対象分野・科目

    基礎分野

    大学・短大・専門学校において単位認定された科目が対象となります。

    <基礎分野科目例>
    心理学・生物学・情報科学・保健体育・外国語等

    専門基礎分野

    厚生労働大臣指定の医療国家資格養成校等において成績判定[A](100~80点)の科目に限り申請が可能となります。

    <専門分野科目例>
    解剖学・生理学・病理学・公衆衛生学・医療概論等

  • STEP.03

    審査~通知

    単位認定審査

    基本的要件として、カリキュラム、シラバスを検討し、次の全ての項目を満たす場合、単位を認定します。

    審査方法
    1. 授業時間数
    2. 単位数
    3. 教育内容

    単位認定通知

    単位認定確定後、本校より単位認定通知書類を送付いたします。
    基礎分野と専門分野では認定内容が異なりますのでご注意ください。

  • STEP.04

    進級

    授業開始

    単位認定された科目は聴講して再学習することも可能です。但し再学習する場合、原則毎回出席してください。

    ※特定の科目では出席が必須の場合もあります。

    進級

    費免除
    次年度進級時に前年度認定科目数に応じて学費を免除します。

出願書類についてはこちら

何かご不明な点がございましたら、
下記よりお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

または、下記でも受け付けています。