プロスポーツ選手を支えたい!
「スポーツトレーナー」の
仕事内容とは

プロスポーツ選手を支えたい!「スポーツトレーナー」の仕事内容とは

スポーツをする方を支えたいという夢があるのなら、スポーツトレーナーという仕事がおすすめです。スポーツトレーナーは、スポーツをする方がベストの状態で結果を出せるよう影からサポートする重要な役割を持ちます。
「スポーツトレーナーになりたいけれど、どんなスキルを得ておく必要があるのか」とお悩みの方もいるかもしれません。 そこで今回は、スポーツトレーナーの仕事内容と、必要とされるスキルについてご紹介いたします。

スポーツトレーナーってどんな仕事?

スポーツ選手は最良の結果を出すために日々トレーニングを重ね、さらに体のコンディションを整えていかねばなりません。かつては、スポーツ選手は自身でトレーニングやコンディショニングをおこなっていましたが、近年ではプロのスポーツトレーナーを雇用して管理を任せるケースが増えてきました。 スポーツトレーナーは、選手やチームを総合的にサポートできる魅力的な仕事といえます。

スポーツトレーナーの働き方とは

スポーツ選手個人やプロスポーツチームに帯同し、選手の指導やケア全般を担当するスポーツトレーナーは多いものです。選手が怪我に悩まされているときには、リハビリを担当することもあります。チームや選手と専属契約を結ぶフリーランスやアルバイトのスポーツトレーナーも少なくありません。フィットネスクラブや病院などで勤務するスポーツトレーナーもいます。

スポーツトレーナーが担当する仕事の例

スポーツ選手には、勝負どころでパワーを発揮する瞬発力が必要です。また、スピードや持久力が必要とされる競技もたくさんあります。選手が適切な場面で自分の力を出し切れるよう、スポーツトレーナーは状況に応じたストレーニングをおこないます。 スポーツをする上で怪我はつきものですが、スポーツトレーナーにはスポーツプレーヤーの怪我をできるだけ防ぐ工夫が必要です。また、怪我をできるだけ早く完治させて試合に復帰できるようリハビリやケアをおこなうのも大切な仕事の1つです。

スポーツトレーナーに必要なスキル

スポーツトレーナーになるために特別な資格は必要ありませんが、学んでおきたい知識やスキルは数多くあります。 個々のスポーツ選手に合ったトレーニングを提案したり、ベストな状態で活躍できるようコンディションを整えたりするためには、スポーツ医学やスポーツ科学といった専門的な知識を得ておくことが大切です。特に、怪我の予防やケアに関する知識は必要不可欠です。ときには、競技のルールやドーピング基準といった知識が求められることもあります。

スポーツトレーナーとは、スポーツのプロ選手やスポーツに親しむ方々を全面的にサポートするやりがいのある仕事といえます。
スポーツトレーナーを目指している方は、効率的にスキルを身につけられる専門学校に通うのがおすすめです。プロスポーツに関わる仕事ではアスレチックトレーナー資格を取得することで、就職などにおいて有利になるはずです。スポーツに関する幅広い知識を得ておけば、選手やチームから厚い信頼を得られるスポーツトレーナーとして活躍できますよ。

スポーツトレーナーに必要なスキル

スポーツ科学科