「理学療法士」ってどんな仕事?
スポーツトレーナーとは
何が違うの?

「理学療法士」ってどんな仕事? スポーツトレーナーとは何が違うの?

近年、理学療法士という仕事に注目が集まっています。理学療法士というのは病気や怪我などによって身体的な動作が制限される方に対してさまざまなリハビリを行う仕事です。スポーツ選手だけでなく、病院やリハビリテーション施設などさまざまな場で活躍できるのが、理学療法士という仕事の魅力といえます。 この記事では、理学療法士とはどのような仕事なのかについて具体的に解説いたします。

理学療法士ってどういった仕事?

理学療法士はPhysical Therapist(PT)とも呼ばれる職業です。主な仕事は、事故や病気、スポーツ中の怪我などによって身体に障害を持った方や、身体機能の衰えた高齢者に対して、理学療法をおこなうことです。
理学療法士は人体について熟知し、状況に応じて動作を指導するスペシャリストといえます。理学療法士として活躍するためには、人体の構造を理解した上で個々に応じたリハビリ計画を提案し、実践していくスキルが必要不可欠です。

理学療法士の具体的な仕事内容

理学療法士は、運動療法と物理療法という2つのパターンを使って患者さんの身体機能を改善していきます。 運動療法というのは、患者さんに実際に体を動かしてもらうことで関節や筋肉の回復を目指す手法のことです。これに対して物理療法というのは、温熱療法や電気刺激といった方法で患者さんの治療を行うことをいいます。さらに、身体機能の衰えや怪我を防ぎ、パフォーマンスを向上させるための指導を行うのも理学療法士の大切な仕事の1つです。
理学療法士がいくら提案しても、最終的に病気や怪我に立ち向かうのは本人です。理学療法士は単にリハビリを指導するだけでなく、患者さんと良好なコミュニケーションを取りながらやる気を引き出していくことが大切といえます。

スポーツトレーナーが担当する仕事の例

スポーツ選手には、勝負どころでパワーを発揮する瞬発力が必要です。また、スピードや持久力が必要とされる競技もたくさんあります。選手が適切な場面で自分の力を出し切れるよう、スポーツトレーナーは状況に応じたストレーニングをおこないます。 スポーツをする上で怪我はつきものですが、スポーツトレーナーにはスポーツプレーヤーの怪我をできるだけ防ぐ工夫が必要です。また、怪我をできるだけ早く完治させて試合に復帰できるようリハビリやケアをおこなうのも大切な仕事の1つです。

理学療法士の活躍の場は数多くある

理学療法士はスポーツチームに帯同したり、個人の選手と専属契約をしてサポートしたりすることがあります。また、病院やリハビリテーション施設、老人ホームなどで勤務する理学療法士も少なくありません。寝返る、起き上がる、立ち上がる、歩くといった運動機能の改善のためのリハビリ指導を行います。また、予防医学の重要性が注目される昨今では、歩けなくなる、立てなくなるといった状況を予防するためのリハビリも必要とされています。
日本では高齢化が進んでおり、これに伴って理学療法士が必要とされる場面も多くなると予想されます。病院や介護施設でのリハビリのほか、身体機能の衰えを予防するために理学療法士が必要とされるケースも増えていくはずです。

理学療法士とスポーツトレーナーの違い

スポーツトレーナーになるために特別な資格というものはなく、専門的なスキルさえ持っていればスポーツトレーナーを名乗ることができます。 一方、理学療法士は国家資格なので、厚生労働省が実施する試験に合格して免許を取得しなければなりません。免許取得にあたっては理学療法について学べる専門学校や大学、養成施設などで3年以上学び、知識や技術を積んだ上で卒業することが条件になります。
理学療法士とは、多くの方とコミュニケーションを取りながら健康をサポートしていく仕事です。理学療法士として活躍したいという方は、効率的にスキルアップできる専門学校に通って専門性を磨き、国家資格を得るというルートを選ぶのがおすすめです。資格を取得しておけばさまざまな症例に対して適切に対応でき、活躍の場をどんどん広げていくことができます。

理学療法士とスポーツトレーナーの違い

理学療法士科