スポーツのプロチームをサポートしたい!
理学療法士の働き方とは

スポーツのプロチームをサポートしたい! 理学療法士の働き方とは

理学療法士が活躍できる場は、病院や一般企業、公共の施設などさまざまです。中には、スポーツのプロチームの専属として活躍する理学療法士もいます。
スポーツのプロチームが優れた成績を残せるよう、選手やチームを総合的にサポートする仕事は、とてもやりがいがあるものです。ここではスポーツチームに帯同して全面的なケアをする理学療法士の具体的な仕事内容についてご紹介いたします。

プロチームの理学療法士はどんな仕事をする

理学療法士は、運動療法や物理療法といった方法で身体のケアをする仕事です。特に、スポーツ業界で活躍する理学療法士には、スポーツと医療の両方に関する高度な知識が求められます。
特に、プロチームの専属として働く理学療法士には多くの任務が課せられます。選手の体やスポーツの動作を科学的に分析し、個々に応じたトレーニングを指導したり体調管理を担当したりと、あらゆる側面から選手をサポートするのです。

1.怪我や病への対応

スポーツ選手はたびたび怪我を負うものですが、適切に対処しなければ回復が遅れたり後遺症が残ったりすることもあります。また、スポーツの現場では心停止などの命にかかわるトラブルが起きる可能性も少なからずあるものです。こういったときに救命救急の対応をしたり、適切な治療をおこなったりすることは、理学療法士の重要な役割です。

2.リハビリテーションの指導

怪我を負った選手に対しては、再びチームで活躍できるようリハビリテーションの指導をします。症状の再発を防いで身体機能を回復させるために、医師の診断をもとにして最適なリハビリを実践することが肝心です。

3.怪我予防

プロチームの選手にアクシデントが起きないよう、理学療法士はさまざまな予防措置をします。個々の選手の動作を分析し、最適なケアをしたり動きの改善を指導したりと幅広いサポートが必要です。具体的には準備運動や整理運動といった身体ケアを指導したり、怪我が起きにくいようスポーツ中の動作について指導したりします。

4.パフォーマンス向上のための指導

プロチームの選手が最高の結果を出せるようサポートすることも、理学療法士の重要な仕事です。チームを分析すれば、より効率的な戦い方を指導することができます。選手のコンディションをチェックし、トレーニングの方法を改善するのも有効です。
怪我や病はスポーツ選手のメンタル面にも影響を及ぼします。理学療法士は、怪我や病で試合ができない選手の精神面のサポートをすることもあります。

スポーツのプロチームに在籍する理学療法士は、選手の総合的なケアを通してチームの発展を目指すやりがいのある仕事です。 理学療法士を目指すのならば、効率的に資格取得のための学習ができる専門学校へ通うのがおすすめです。専門学校では知識だけでなく具体的な実技の指導を受けることもできます。多くのスキルを身につけておけば、トップアスリートにとっての頼れる存在として活躍できるはずです。

救急救命士の適性ややりがいについて

理学療法士科

他のおすすめ記事一覧