スポーツインストラクターになるための道のりとは?

スポーツインストラクターになるための道のりとは?

フィットネスクラブやトレーニングジムなどに通っている人なら、インストラクターのお世話になることが多いですね。トレーニング方法などの知識の豊富さや、その身体能力の高さに「すごいなぁ」と感じたことのある方もいるのではないでしょうか。ジムが好きな人なら「インストラクターってどんな仕事なんだろう? どうやったらなれるんだろう?」と興味を感じたことのある方もいるかもしれません。そこで今回は、ジムなどで働くスポーツインストラクターとはどんな仕事なのか、どうすればなれるのかなどについてご説明したいと思います。

スポーツインストラクターってどんな仕事?

近年のフィットネス・筋トレブームで、フィットネスクラブやトレーニングジムの施設形態も多様化し、何らかの形でジムに通う人が増えています。こうしたジムにおいて、利用者にスポーツの技術指導や安全指導を行う専門家が、スポーツインストラクターです。
スポーツインストラクターは、ジムで水泳やヨガ、エアロビクスなどのレッスンを行ったり、トレーニング用具や機器の使用方法を指導したり、安全かつ効果的にトレーニングを行うためのアドバイスを行ったりといった業務にあたります。
人を相手にする仕事なので、スポーツの技術や知識だけでなく、コミュニケーション能力も求められる仕事です。体を動かすのが好きで、人に何かを教えるのが得意だという人に向いている仕事だと言えるでしょう。

スポーツインストラクターに必要なスキルは?

スポーツに取り組む目的は、技術習得をはじめ、筋力や体力の向上、健康維持、ダイエットなど、人によってさまざまです。また、体力や運動能力も一人一人異なります。スポーツインストラクターは、相手の目的や運動能力に合わせて適切な指導を行う必要があるのです。筋力アップやダイエット、健康維持が目的の人に対しては、実技指導だけではなく、食事メニューや生活習慣などについてもアドバイスを行います。
適切な指導を行うためには、トレーニング方法や理論の知識はもちろん、人間の体の構造や働きに関する知識や、ケガなどに対する応急処置の知識、ダイエットや栄養に関する知識など、さまざまな専門知識が必要です。

スポーツインストラクターになるには?

スポーツインストラクターになるには、フィットネスクラブやトレーニングジム、競技施設などに就職するのが一般的です。ジムなどでインストラクターとしての経験を積んだ後、フリーのインストラクターとして独立し、複数の施設と契約して活動する人もいます。
スポーツインストラクターになるには、以下のような道のりをたどるのが一般的です。

高校卒業

専門学校、短大、大学などでスポーツや人体、栄養などの知識を学ぶ

スポーツ施設(ジムなど)の採用試験を受けて就職

スポーツ指導に必要な知識を体系的に学ぶには、やはり専門学校や大学などで学ぶのが近道だと言えます。スポーツインストラクターとして働くために資格は特に必要ありませんが、民間資格の取得のために学ぶことも必要な知識の習得につながるでしょう。
スポーツ系の専門学校には、スポーツインストラクター養成に特化した学科やコースが設けられているところもあるので、スポーツインストラクターを目指すと決めているなら、そのような学校に進学して学ぶことをおすすめします。

スポーツインストラクターの仕事内容と、仕事として従事するまでの道のりなどについてご説明しました。スポーツが好きで、自分でも体を動かす仕事をしたいと考えている方は、スポーツインストラクターも将来の選択肢の一つに加えてみてはいかがでしょうか。

スポーツインストラクターの仕事内容と、仕事として従事するまでの道のりなどについてご説明しました。

スポーツ科学科

他のおすすめ記事一覧