鍼灸師とはどんな仕事? 将来開業することはできる?

鍼灸師とはどんな仕事? 将来開業することはできる?

人々の体の不調を改善する仕事のひとつに、鍼灸師というものがあります。鍼灸師は理学療法士や作業療法士と同様、リハビリ・代替医療に分類される国家資格のひとつです。しかし、中には鍼灸師と聞いても「いったいどんな仕事なんだろう」とはっきりわからないという方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、鍼灸師とはどのような仕事なのか、その仕事内容や必要な資格・スキルなどについてご紹介します。

鍼灸師とは

鍼灸師とはその名の通り、鍼(はり)や灸(きゅう)を使って体の不調を改善したり治療したりする仕事です。東洋医学に基づき体のツボなどを刺激し、人間が持つ自然治癒力を高める方法になります。
冒頭で鍼灸師を「国家資格」と書きましたが、正確にいうと、鍼灸師という資格は存在せず、鍼師と灸師という二つに分かれています。そのため、世間的に「鍼灸師」と呼ばれる人々も、「鍼を専門にしている人(鍼師)」と「灸を専門に行っている人(灸師)」など、それぞれで専門が異なることもあります。
※鍼と灸を一緒に扱っている治療医院が多い(鍼師、灸師両方の資格取得者が多い)ため、鍼灸師と呼ばれるのが一般的になりました。

鍼灸師の仕事内容

鍼灸師の仕事内容を、鍼師と灸師に分けてご紹介します。

【鍼師】
ステンレス製の極細の針を用い、経穴(いわゆるツボ)に刺し入れて刺激を与えます。その刺激によってコリや神経痛などの症状の改善、また血行の促進などを行います。治療に電気を用いるものがあるなど、症状によって治療法はさまざまです。

【灸師】
もぐさ(ヨモギの葉で作ったもの)に火をつけ、経穴に熱刺激を与えることで、免疫力の向上や血行の促進を促します。また灸師は、患者の手首の脈を診たり(脈診)、患者の体や表情、皮膚の状態などを診たり(望診:視診)することもあります。

鍼灸師として開業するには

鍼灸師として開業するには、鍼師、灸師の国家資格を取得する必要があります。
鍼師、灸師、どちらも、受験するには一定の要件が満たさなくてはいけません。

・鍼灸系の専門学校を卒業する
・鍼灸学科のある4年制の大学、もしくは3年生短大を卒業する

上記の学校へ通い、国家資格を取得したら、開業するための物件、場所を確保する必要があります。中には自宅を医院として使おうと考えている方もいるかもしれません。しかし、鍼灸院を開業するには、最低限確保しなくてはいけない広さや要件というものがあります。

・施術スペースが6.6平方メートル以上
・待合室が3.3平方メートル以上
・施術する部屋の面積の7分の1以上の部分を外気開放できる(または換気設備がある)

これらの要件を満たした物件を確保し、備品などの調達が済んだら、開設から10日以内に保健所へ「施術所開設届出」を提出すれば、開業できます。
ただ、開業するというのは、自分で医院を経営するということです。患者さんに自分の医院を選んでもらうための努力も自分でする必要があります。患者さんが安心して通えるよう、患者さんの立場に立って施術する、体の悩みなどをしっかり聞くなどの心がけが大切になります。
将来開業をしたいと考えているのであれば、資格だけ取ればいいとだけ考えるのではなく、患者さんの体を楽にしてあげようという気持ちを強く持つようにしましょう。

鍼灸師の資格を受験するには、専門学校や大学などに通う必要があります。中には、昼間仕事などをしている人に向けた夜間学校もありますので、社会人をはじめ、なんらかの理由で昼間学校に通えないという人でも安心して就学することが可能です。
鍼灸師の仕事に興味がある方は、専門学校に通って鍼師、灸師両方の資格取得目指して頑張りましょう。

鍼灸師の仕事に興味がある方は、専門学校に通って鍼師、灸師両方の資格取得目指して頑張りましょう。

鍼灸科

他のおすすめ記事一覧