業界コラム

登録販売者とはどんな仕事? 資格を取るのは難しい?

登録販売者とはどんな仕事? 資格を取るのは難しい?

登録販売者とはどのような仕事か、また、資格の取り方などについて紹介します。

2009年の薬事法改正により誕生した登録販売者。一般医薬品を販売するための専門資格で、登録販売者がいることで薬剤師がいない状況でも一般医薬品の販売ができるようになります。
誕生してからの歴史がまだ浅く、どのような仕事内容を持っているのか分からないという人も多いかもしれません。そこで今回は、登録販売者とはどのような仕事か、また、資格の取り方などについて紹介します。

登録販売者とは

登録販売者とは、上述の通り「風邪薬や鎮痛剤といった一般医薬品(第2類、第3類限定)を販売できる専門資格(またはその資格を所有している人)」のことをいいます。一般医薬品とは、処方箋がなくても購入できる医薬品のことで、そのうち登録販売者が扱える第2類、第3類は一般医薬品全体の90%を占めます。
2009年以前は、一般医薬品(第2類、第3類を含む)を販売するには薬剤師が必要でした。しかし薬剤師不足などで、一般医薬品を扱えないドラッグストアなどが増えるなどの問題が発生し、風邪薬などを必要としている消費者に薬を供給できないという事態になっていました。
そこで薬事法が改正され、第2類、第3類に限った一般医薬品を取り扱える登録販売者という資格が生まれたのです。

登録販売者と薬剤師の違い

登録販売者と薬剤師の大きな違いは、主に以下の2点です。

・薬剤師は医師の処方箋をもとに薬の調剤ができる(登録販売者にはできない)
・薬剤師は第1類の一般医薬品を取り扱える(登録販売者は第2類、第3類のみ)

薬剤師と比べれば扱える薬の範囲が狭くなりますが、前述の通り第2類、第3類は一般医薬品の90%を占めており、登録販売者は薬剤師不足という課題解消に一役も二役も買っていると言えるのです。

登録販売者になるには

登録販売者になるには、資格試験に合格する必要があります。登録販売者の資格試験は毎年数回、各都道府県によって行われます。試験時期や試験日などは各都道府県のホームページや、登録販売者のポータルサイトなどで確認可能です。学歴、年齢、実務経験などは不問で、誰でも受験することができます。

試験問題は厚生労働省が発表しているガイドラインをもとに各都道府県が作成しますが、出題範囲は決まっています。

第1章 医薬品に共通する特性と基本的な知識
第2章 人体の働きと医薬品
第3章 主な医薬品とその作用
第4章 薬事関連法規・制度
第5章 医薬品の適正使用・安全対策

以上の5章から出題されます。出題数は120問で、試験時間は240分。7割以上の得点が基本合格ラインです。
合格した後は、各都道府県で販売従事登録申請を行い、「販売従事登録証」を発行します。登録証を発行することで登録販売者として働けるようになります。

薬剤師不足を解消する登録販売者。扱える薬品の数もかなり多く、これからますます必要とされる職業です。また、資格を取得する際の全国平均の合格率は過去数年をみても45%あるかどうかの数字なので、登録販売者に興味がある方は、専門学校へ進学し専門的な知識を学ぶことをおすすめします。

登録販売者に興味がある方は、専門学校へ進学し専門的な知識を学ぶことをおすすめします。
薬業科

薬業科

  • 2年制
  • 3コース

医薬・漢方など薬のプロとして地域や医療の世界で働く

AOエントリー

ネットエントリーならスマホから簡単エントリー!

今すぐエントリー!
AO入学の特徴
  • AOエントリーには費用がかかりません

  • 早期に進路を決定することができる!

  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ

エントリー資格
  • 将来の夢や目標を持ってる人

  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人

  • 「好きなことを仕事にしたい」という気持ちを持っている人

今すぐAOエントリー