業界コラム

「アスレティックトレーナー」とはどんな仕事? 資格は必要?

「アスレティックトレーナー」とはどんな仕事? 資格は必要?

スポーツの現場で競技者の健康面をサポートする「アスレティックトレーナー」も、そんなスポーツと長く関わり続けられる仕事の一つです。

「競技者としてプロになるのは現実的に難しそうだけど、将来できれば好きなスポーツにずっと関わっていく仕事がしたい」と考えているスポーツ好きな方は多いと思います。
スポーツの現場で競技者の健康面をサポートする「アスレティックトレーナー」も、そんなスポーツと長く関わり続けられる仕事の一つです。アスレティックトレーナーとはどのような仕事なのかをご説明します。

スポーツ競技者の健康を支えるアスレティックトレーナー

スポーツの競技者は、試合や練習などさまざまな場面で、不慮の怪我や慢性的な炎症などといった障害に見舞われることが少なくありません。

こうした怪我や障害が発生したときに、状態を確認して応急処置を行ったり、適切な対処方法を指導したり、復帰に向けたリハビリをサポートしたりする専門職が「アスレティックトレーナー」です。

アスレティックトレーナーは、日本ではまだあまり知られていない職業ですが、発祥の地であるアメリカでは国家資格として認定される健康管理従事職となっています。

日本でも、プロやアマチュアのスポーツチームやスポーツクラブ、競技団体などで専属のアスレティックトレーナーが競技者の健康管理を行うことは一般化してきました。また、昨今ではスポーツの現場以外にも、福祉施設における高齢者の健康促進やリハビリなどにアスレティックトレーナーが従事するケースが増えています。

アスレティックトレーナーの仕事内容

アスレティックトレーナーは、スポーツの現場において、競技者に怪我や障害などが発生しないよう、健康状態やコンディションの管理を行います。怪我予防のためのストレッチやトレーニングの指導やサポート、障害予防のためのテーピングやアイシングなどを行うこともあります。

試合や練習などの場面で、競技者に怪我が発生した場合は、応急処置を行ったり、救急車を呼ぶなどの判断を行ったりするのもアスレティックトレーナーの仕事です。ケガをした選手の復帰に向けたリハビリや、再発防止のための指導にもあたります。

これらの仕事を行うため、アスレティックトレーナーには、怪我に対する止血や消毒などといった応急処置のスキルをはじめ、ストレッチングやテーピング、アイシングなどスポーツ医療に関する専門的な知識が求められます。また、競技者とのコミュニケーションが大切な仕事なので、思いやりの気持ちやスポーツに対する情熱を持った人に向いている仕事です。

アスレティックトレーナーになるために資格は必要?

日本には民間のアスレティックトレーナー認定資格があります。国家資格はないため、アスレティックトレーナーとして働くために必ずしも資格が必要というわけではありません。
しかし、プロスポーツチームなどに就職してアスレティックトレーナーの仕事をしたいという場合は、資格があればかなり有利となるでしょう。
日本体育協会公認のアスレティックトレーナー(AT)資格はかなり難易度が高く、合格率10%以下の難関資格であることが知られているためです。 アスレティックトレーナー資格の取得には、スポーツ医療に対する幅広い知識と実技スキルを学ぶ必要があるため、スポーツ系の専門学校へ進学することをおすすめします。
スポーツに携わる仕事をしてみたいという方は、アスレティックトレーナーという選択肢も検討なさってみてください。

スポーツに携わる仕事をしてみたいという方は、アスレティックトレーナーという選択肢も検討なさってみてください。
スポーツ科学科

スポーツ科学科

  • 2年制
  • 5コース/5専攻

スポーツ・医療の質の高い技術・知識を学び、 必要とされるプロトレーナーへ

AOエントリー

ネットエントリーならスマホから簡単エントリー!

今すぐエントリー!
AO入学の特徴
  • AOエントリーには費用がかかりません

  • 早期に進路を決定することができる!

  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ

エントリー資格
  • 将来の夢や目標を持ってる人

  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人

  • 「好きなことを仕事にしたい」という気持ちを持っている人

今すぐAOエントリー