業界コラム

憧れの看護師になるには、高校卒業後どんな進路を選んだらいいの?

憧れの看護師になるには、高校卒業後どんな進路を選んだらいいの?

憧れの看護師になるには、高校卒業後どんな進路を選んだらいいの?

看護師になるには、どのような進路を選べばよいのでしょうか? 高校卒業後、看護師の資格を得て現場で活躍するための進路はいくつか考えられます。どういった進路を選ぶかによって、学習の内容や資格取得にかかる時間、学費なども大きく異なるものです。 今回は看護師になるための進路の選び方について解説いたします。

看護師になるための進路の選択肢

看護師として活躍するためには「看護師資格」の国家資格が必要です。看護師資格を得るためには、文部科学大臣指定の学校、もしくは厚生労働大臣指定の看護師養成所を卒業しなければなりません。
看護について学べる学校や看護師養成所は、大きく分けて以下の4つです。

1.4年制大学

4年制大学では、看護についてじっくりと学ぶことができます。看護師資格に加え、助産師や保健師、養護教諭の資格を取得できる4年制大学もあります。
大学ではほとんどの場合、看護以外の一般教養科目を履修する必要があるため、看護だけを集中して学びたいという方には不向きかもしれません。

2.大学院

大学卒業後に看護系の大学院に進み、より専門的な学習を重ねるという方もいます。大学院に進学すれば特定分野に秀でた看護師になることができます。
ただし、大学と大学院で6年間学ぶことになるため現場に出るのはそれだけ遅くなります、もちろん、ある程度まとまった学費が必要になるという点も把握しておきたいものです。

3.三年制短期大学

短期大学では看護に関するカリキュラムと一般教養を履修し、資格取得を目指すことになります。近年では4年制大学が増え、三年制の短大は減少傾向にあります。

4.三年制専門学校

看護師になるためのスキルを最短で身につけて早く現場に出たいという方には専門学校がおすすめです。
専門学校には、看護師に必要な実技や実習に絞ったカリキュラムが用意されているので、効率的に学習を進めることができます。看護に関する高い知識を持つ講師のもとで丁寧に国家試験対策をしてもらえるのも専門学校の良さといえます。看護の業界で即戦力として活躍したい方は専門学校への就職がおすすめです。

准看護師と正看護師に違いはある?

看護師免許ではなく、2年間の通学で取得できる准看護師を目指すという道もあります。
看護師資格は国家資格ですが、准看護師資格は都道府県知事発行の免許です。
准看護師であっても、仕事の内容は正看護師とほぼ変わりません。ただし、准看護師は必ず医師や正看護師の指示を受けて業務にあたるよう定められています。
近年では正看護師と准看護師を一本化する動きが進んでおり、既に准看護師養成制度を廃止している都道府県もあります。

高校卒業後には、効率的に看護師資格取得を目指せる進路を選びたいものです。選ぶ学校によって学べる内容も大きく異なるので、自分に合った学校を選びましょう。
おすすめなのは、看護について集中的に学ぶことができ、3年間で資格取得が実現できる専門学校への進学です。専門学校では実技や実習を重視したカリキュラムが用意されているので、卒業後には現場で即戦力として活躍できるはずです。必要なスキルを得て早く働きたいという方はぜひ専門学校への進学を検討してみてくださいね。

高校卒業後には、効率的に看護師資格取得を目指せる進路を選びたいものです。選ぶ学校によって学べる内容も大きく異なるので、自分に合った学校を選びましょう。
看護科

看護科

  • 3年制
  • 職業実践専門課程認定

最新設備と質の高いカリキュラムで学び、現場実践力の高い看護師を目指す

AOエントリー

ネットエントリーならスマホから簡単エントリー!

今すぐエントリー!
AO入学の特徴
  • AOエントリーには費用がかかりません

  • 早期に進路を決定することができる!

  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ

エントリー資格
  • 将来の夢や目標を持ってる人

  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人

  • 「好きなことを仕事にしたい」という気持ちを持っている人

今すぐAOエントリー