業界コラム

「歯科衛生士」の将来性とは? 将来のことを考えて資格を取得しよう!

「歯科衛生士」の将来性とは? 将来のことを考えて資格を取得しよう!

「歯科衛生士」の将来性とは? 将来のことを考えて資格を取得しよう!

「将来のために役立つ資格が欲しい」「将来性の高い仕事に就きたい」と考えているのなら、歯科衛生士の資格を取得するのがおすすめです。
歯科衛生士は将来性が高く安定した仕事といわれています。歯科衛生士資格は国家資格であり、資格を持っているということは歯科治療に関する高いスキルや知識を持っているということに他なりません。今回はそんな歯科衛生士の将来性について解説いたします。

歯科衛生士資格が「将来性が高い」といわれる理由

活躍の場が多い

歯科衛生士というと歯科医院で働く存在というイメージがありますが、歯科衛生士の職場は他にもたくさんあります。
総合病院や保健所、歯科衛生士学校や企業の診療所などに勤務する歯科衛生士は少なくありません。また、近年では介護老人保健施設における歯科衛生士のニーズも高まっています。一般企業で口腔ケア商品の開発などに携わるという道もあります。
資格を活かしてさまざまな働き方が実現できるというのが、歯科衛生士の強みといえるのです。

歯科衛生士の人数は不足している

一般的に、歯科クリニックでは歯科医師1人に対して歯科衛生士2~3人いるのが理想的といわれています。しかし、満足な人数の歯科衛生士が在籍している歯科クリニックはあまり多くないのが現状です。
全国にある歯科医院の数はコンビニエンスストアの数よりも多いといわれます。歯科衛生士の求人数もかなり多いため、資格を持っていれば良い待遇で働くことができるのです。結婚や出産で一度離職しても再就職しやすいというのも、歯科衛生士の資格を得るメリットといえます。

高齢者へのニーズも高い

現代は超高齢化社会といわれ、今後も高齢者がますます増えていくことが予測されます。高齢者が健康であり続けるためには、正しい口腔ケアが必要不可欠です。
歯科衛生士というのは、そんな現代社会のニーズにマッチした資格といえます。歯科衛生士は、高齢者の口腔ケアを通して健康作りをサポートする、頼れる存在になるはずです。

さまざまな治療に対応できる

歯科医療の業界は日々進歩しており、新しい技術が次々に生み出されています。例えば近年増えてきているインプラント治療をする場合、治療前にはさまざまな検査をし、治療後にも定期的なメンテナンスが欠かせません。
歯科衛生士はこういったケアを一手に引き受けられるよう、さまざまなスキルを身につけています。今後ますます発展していく歯科医療業界で、歯科衛生士の存在はなくてはならないのです。

歯科衛生士の需要は今後、より拡大していくことが予測されます。「手に職をつけたい」「頼られる存在になりたい」と考えている方は、歯科衛生士の資格を取得してみてはいかがでしょうか。
歯科治療の現場で即戦力として働くためには、専門的な知識やスキルをきちんと身につけておきたいもの。専門学校では、歯科衛生士の資格を取得するための学習を効率的に積み重ねることができます。歯科のスペシャリストになるためのスキルを得て、将来にわたって活躍できる歯科衛生士を目指してみてくださいね。

「手に職をつけたい」「頼られる存在になりたい」と考えている方は、歯科衛生士の資格を取得してみてはいかがでしょうか。
歯科衛生科

歯科衛生士科

  • 3年制
  • 職業実践専門課程認定

IKENだけの豊富な実習で歯と健康を支えるプロフェッショナルへ

AOエントリー

ネットエントリーならスマホから簡単エントリー!

今すぐエントリー!
AO入学の特徴
  • AOエントリーには費用がかかりません

  • 早期に進路を決定することができる!

  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ

エントリー資格
  • 将来の夢や目標を持ってる人

  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人

  • 「好きなことを仕事にしたい」という気持ちを持っている人

今すぐAOエントリー