BLOG

NOIMAGE

救急現場に「ドローン」実証実験に参加

【医健新聞】

1-2

救急・災害医療において小型無人機「ドローン」を活用しようとする実証実験が、福岡市の九州大学伊都キャンパスにて公開されました。実験は総務省の支援の下、一般社団法人「EDAC(イーダック)」が実施。傷病者の元へ、いち早く医薬品を届けたり、災害時に上空から生存者や負傷者を捜索するための「救急ドローン」としての用途を広げ、普及させることを目的にEDACは活動しています。

今回の実験では急病人発生を想定し、傷病者役は心臓の異変を携帯電話にて119番通報。GPS情報に基づいてドローンが傷病者のいる現場まで飛び、現場一帯の映像を付近の捜索隊へ送信。傷病者を発見すると捜索隊の上空まで引き返して現場まで誘導し、傷病者の早期発見に繋がるかを実験したもの。

救急救命科の学生は、捜索隊役を担いました。ドローンを用いず捜索する班とドローンの誘導に従う班で実験を行うと、結果は大きく異なり「傷病者の早期発見」への可能性を感じることができました。最新の機材を用いた次世代の救急・災害医療に触れる貴重な機会となり、参加した学生たちも良い刺激を受けることができました。

一覧へ

AOエントリー

ネットエントリーならスマホから簡単エントリー!

今すぐエントリー!
AO入学の特徴
  • AOエントリーには費用がかかりません

  • 早期に進路を決定することができる!

  • AO入学の選考は「作文」と「面接」のみ

エントリー資格
  • 将来の夢や目標を持ってる人

  • 好きな仕事を通じて人に喜びや感動を与えたい人

  • 「好きなことを仕事にしたい」という気持ちを持っている人

今すぐAOエントリー