学びの特徴
学内外臨床実習

医療・福祉の現場実習

学内外の医療機関・福祉施設で臨床経験を積む

国家資格取得のための定められた実習だけでなく、早期から現場に触れる機会を多く設けています。
業界のニーズに合わせた多彩な実習を行い、即戦力の人材をめざします。
実習経験を通して実習先が就職につながることも多いです。

医療機関・福祉施設での
臨床実習

全国に広がる病院・施設との
ネットワーク

福岡医健・スポーツでは福岡・九州エリアを中心に全国多数の病院や福祉施設との協力体制で、臨床実習を実施しています。
実習中は教員が実習先へ訪問し、面談を実施するなどしっかりとサポートを行います。

対象学科
  • 理学療法士
  • 作業療法科
  • 看護科
  • 救急救命公務員科
  • 歯科衛生士

実習前対策

実習に向けて知識・技術の確認、コミュニケーション力をアップするための取り組み、マナーや心構えの指導も行います。

実習報告会

実習後は学外で身につけた知識や技術、現場経験や症例について報告発表し、クラスメイトと共有することでより学びを深めます。

現場見学実習

早期から様々な医療現場の見学を実施します。視野が広がると共に、普段の学びと結び付け、モチベーションアップにもつながります。

客観的臨床能力試験(OSCE)

業界のプロをお招きし、実際の医療現場を想定して知識や技術の到達度を確認すると共に、学生の臨床能力を高めます。

プロへの第一歩!
実習期間/時間

理学療法士

1年次:見学実習(1週間) 3年次:検査実習(2週間)評価実習(4週間) 4年次:総合実習I・II(8週間×2)介護保険実習(1週間)

作業療法科

1年次:見学実習(1週間) 2年次:検査介助体験実習(1週間) 3年次:評価実習(4週間) 4年次:総合実習I・II(8週間×2)

看護科

看護学実習 855時間(基礎・成人・老年・小児・保健・精神)  在宅看護論実習 90時間 看護の統合実習90 時間

救急救命公務員科

応急処置実習(基本手技) 270時間 応急処置実習(応用手技) 405時間 応急処置実習(総合手技) 270時間 応急処置実習(病院内) 180時間

歯科衛生士

実習指導 270時間 臨地・臨床実習 990時間

学外臨床実習

学外の臨床現場で患者様と接し、
基本的な臨床能力を習得する

理学療法士・作業療法士・救急救命士・歯科衛生士・看護師になるためには、現場で実践的な経験を積むことが必要です。
福岡医健・スポーツでは、九州を中心に全国多数の病院や福祉施設と協力体制を取り、卒業後、即戦力として活躍するための経験を養います。

実習先の病院全国約450ヶ所

TEACHER’S VOICE

理学療法科 田中俊光先生

理学療法科 田中俊光先生

プレッシャーが大きい分、実習中のバックアップを丁寧に行う

学外臨床実習は、学ぶことは非常に多い反面、患者様や臨床実習教育者と関わることはプレッシャーが大きいです。理学療法科では、臨床実習対策として、1~3次に通常授業以外に補習授業を行い、知識・技術を磨いていっています。一人ひとりの学生の状況を把握し、実習時の知識・メンタル面両方をサポートしていける関係づくりも重要と考えています。また実習中も適宜訪問し、ひとりきりで悩みや疑問で不安になっている学生に対し、解決方法を一緒に考えたりするなどバックアップも行っています。

学内臨床実習

学内の附属施設で患者様と接し、
基本的な臨床能力を習得

福岡医健・スポーツの学内には柔道整復の施術を目的とした整骨院と、鍼灸の施術を目的とした鍼灸院があります。授業の一環として、指導者のもとで患者様と最初から最後まで接し、臨床能力とコミュニケーション能力を実践的に習得します。

付属整骨院 付属鍼灸院

実習風景

TEACHER’S VOICE

鍼灸科 学科長はり師・きゅう師 天本保典先生

教員の指導のもと、学生同士や患者様への施術で技術を身に付ける

3年生は、患者様に対して直接問診などの東洋医学的診断情報を聴取します。聞く、聴く、訊くを駆使して患者様の情報を得ながら教員の指導のもと鍼と灸の施術を行っていきます。鍼や灸をすれば治るのではなく、治る鍼と灸を患者様に接しながら学びます。1、2年生の実習は学生同士で行います。他人への技術は緊張感を伴いますが、将来の臨床家としての道をしっかりと歩みながら鍼と灸を修得していきます。将来の自分と患者様に役立つ実技の教育を実践していきます。