チームを全面サポートする! プロスポーツチームのマネージャーの仕事

チームを全面サポートする! プロスポーツチームのマネージャーの仕事

プロスポーツチームは、選手や監督だけでなくさまざまなスタッフによって構成されています。チームを総合的にサポートするマネージャーも、大切なスタッフの一員です。 「スポーツが好き」「スポーツチームの手助けをしたい」と考えている方は、プロスポーツチームのマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか。この記事ではプロスポーツチームに所属するマネージャーの仕事内容についてご紹介いたします。

プロスポーツチームのマネージャーの仕事内容

マネージャーというと、中学や高校の運動部のマネージャーを思い浮かべる方もいるかもしれません。部活のマネージャーの仕事は、練習の補助をしたり記録をつけたりとさまざまです。
これに対し、プロスポーツチームのマネージャーは、さらに幅広い仕事をしてプロ選手を全面的にバックアップします。具体的には以下のような幅広い仕事を担当します。

1.練習のサポート

練習の準備や片付け、練習中のサポートはマネージャーの大切な仕事の1つです。選手が練習に集中できるよう道具を用意し、練習中には記録を取ります。球技ならばパス出しやボール拾いなどもするので体力も必要になります。練習の内容をチェックし、選手や監督とは違う立場から客観的なアドバイスをすることも重要な仕事です。

2.コンディション管理

チームが良い成績を残すためには、選手が肉体的にも精神的にも常に最高の状態で試合をすることが何よりも大切です。マネージャーは選手のコンディショニングや怪我の応急処置、選手の栄養管理や生活管理、メンタル面のケアなどを総合的におこないます。 マネージャーがサポートをしながらチームを盛り上げれば、雰囲気も良くなるものです。チームの雰囲気が良くなれば団結力も上がります。

3.窓口としての役割

マネージャーは、チーム運営の幅広い雑務を担当します。例えば練習のスケジュールを作って周知したり、他チームと連絡を取り合ったり、遠征があるときにはホテルや交通機関の手配をしたりします。チームの広報や集客、経理、ファン向けのグッズの発注や販売などを担当することもあります。

プロスポーツチームのマネージャーになるには

プロスポーツチームのマネージャーは特別な資格が必要なわけではありません。しかし、幅広い業務を担当できるよう、柔道整復師や理学療法士の資格を持っているマネージャーも多いものです。有能なマネージャーとして活躍するためにも、資格取得を視野に入れておきたいですね。 資格取得のために専門学校に通えば、プロスポーツチームへの就職をサポートしてもらえる可能性も高まります。マネージャーの募集はあまり多くないため、専門学校に通いながら情報収集をしたり、人脈を作ったりしておくのが有効です。

マネージャーはさまざまな側面からプロスポーツチームをサポートする重要な立場です。プロのスポーツ選手ととても近いところで仕事をし、選手をあらゆる面から補助して勝利に導くのはとてもやりがいのあることといえます。
選手をフルサポートする立場であるマネージャーには、スポーツやマネジメントに関する高いスキルが求められます。スポーツマネジメントについて学べる専門学校に通い、スキルを磨いたり情報収集をしたりしてみてくださいね。

スポーツマネジメントについて学べる専門学校に通い、スキルを磨いたり情報収集をしたりしてみてくださいね。

スポーツ科学科

他のおすすめ記事一覧