仕事図鑑 JOB DICTIONARY

health
#カイロプラクター

カイロプラクターの仕事

カイロプラクターとは

カイロプラクターとはカイロプラクティックと呼ばれる体の構造や機能に注目した専門医療を行うヘルスケアの専門家ことで、イメージとしては整体やマッサージなどが近いです。
カイロプラクティックは1895年にアメリカのD.D.パーマーという人によって発見された比較的新しい医療でありながら、ヘルスケアの専門職としてWHOによるガイドラインも公開されているなど国際的に広く認知されています。

しかし、現在の日本では公的な資格が存在しておらず誰でもカイロプラクターを名乗れるのが現状です。
日本で経営されているカイロプラクティック院には専門学校の卒業生が運営するものや、あん摩マッサージ指圧師のようなカイロプラクティックと類似の国家資格を持った人が運営しているものもありますが、短期講習を受けただけの人が運営している場合もあり施術者によって技術や知識が大きく変わってしまう問題があります。

整体師や柔道整復師との違いは?

よく似たイメージを持つ職業として整体師や柔道整復師などが挙げられますが、これらの職業とカイロプラクターはいったいどういう違いがあるのでしょうか。
カイロプラクターとよく似た職業についてご紹介します。

柔道整復師

柔道整復師は柔術にルーツを持つ職業で打撲や捻挫、骨折などのけがに対する治療をおこなう専門職です。
手技やテーピング、湿布などを使った施術をおこないます。
国家資格あり。

柔道整復師についてはこちら!

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧師は東洋医学に基礎を持つ治療法です。指圧によるマッサージで体の凝りを解消したり、脊椎の歪みを解消することで症状の改善や体力回復をはかります。
国家資格あり。

整体師

整体には実は明確な定義がありません。
おおまかにはカイロプラクティックに似ているとされていますが日本古来の手技療法と組み合わせるなどさまざまなやり方があります。
国家資格なし。

カイロプラクターってどんな仕事?

カイロプラクティックは骨格の歪み、特に背骨の異常を手技によって矯正することで体の状態を改善したり健康促進させる治療法です。
日本では国家資格がないこともあり、カイロプラクティック院によって治療法はさまざまです。ここでは基本的な流れをご紹介します。

問診

病歴の確認や患者の症状や悩みを聞き出すことで症状に関する分析をおこないます。

検査

問診で得られた情報をもとに姿勢分析や神経学的調査、整形外科的検査などをおこなうことで症状を分析し、治療方法や治療の順序などを総合的に組み立てます。

施術

問診、検査によって得られた情報をもとに患者一人ひとりに最適な施術を施します。 背骨を正常な状態に戻す治療などがあります。

説明とアドバイス

症状の説明や根本治療のための予防体操、ストレッチ、日常生活のアドバイスなどをおこなうことで症状の早期改善や予防を促します。

カイロプラクターになるには

カイロプラクターへの道のり

現在の日本にはカイロプラクティックの公的資格がないため、誰でもカイロプラクターになることができます。しかし、不十分な知識で施術をおこない患者に健康被害が残る事例なども起きているためカイロプラクターになる前に専門学校のような教育機関で学び医学知識や施術のスキルを磨くことを推奨します。
こうした問題もあり日本カイロプラクティック登録機構(JCR)はWHOの基準を満たした教育を受けた施術者を対象に試験を実施し、合格者を「登録カイロプラクター」として登録することで一定水準以上の実力をもったカイロプラクターを選別しています。
WHO基準のカイロプラクティックを学びたい場合は、日本で唯一国際認証を得ている東京カレッジオブカイロプラクティックという学校で学ぶもしくは国際認証を受けた海外の大学で学ぶ方法があります。
カイロプラクティック従事者向けにはJCR試験受験資格プログラムという期間限定の教育プログラムがあり、そのプログラムで3年学び試験に合格すれば登録カイロプラクターとなることができます。
国際認証を受けている教育課程を修了すればアメリカなど一部の国のカイロプラクター国家試験の受験資格を得ることができるので海外での開業を考えている場合は参考にしてみてください。

「JCR試験受験資格プログラム」※Safety Training Program for substandard practitionersの実施

カイロプラクターの活躍の場は?

カイロプラクターが活躍できる職場には以下のような場所があります。

カイロプラクティック院・整体院

カイロプラクティック、整体と聞いてまず思い浮かぶのがここでしょう。 患者に施術をほどこし患者の体の歪みなどを治療します。 開業して自分の店を持つ人も多くいます。

スポーツトレーナー

カイロプラクティックの技術を生かしてスポーツトレーナーとして活躍している人もいます。
アスリートにとって身体の健康を保つことは何よりも重要です。症状の改善や予防をするためのプランを考えアスリートがベストなパフォーマンスを発揮できるようにサポートします。

カイロプラクターの資格?

カイロプラクターには国家資格がありません。そのため、自分の技術を示すために専門学校へ通い修了証書を取得したり、セミナー等の合格証書を得るなどして客観的に自らのスキルの証明ができるようにしておくといいでしょう。
すでにカイロプラクターとして従事しているのならJCR試験受験資格プログラムを受講し登録カイロプラクターを目指してみるのも良いかもしれません。