仕事図鑑 JOB DICTIONARY

sports
#スポーツインストラクター

スポーツインストラクターの仕事

スポーツインストラクターとは

スポーツインストラクターは施設の利用者や生徒に正しい運動のやり方やトレーニング方法を教えたり、技術指導などをおこなう仕事です。スポーツジムやフィットネスクラブに通ったことがある人なら一度はお世話になっているのではないでしょうか?
利用者の筋トレのサポートやヨガ、ダンス、水泳の指導、利用者の安全管理など、一口にスポーツインストラクターといってもさまざまな仕事があります。
近年の健康志向の高まりや自治体による健康ポイント制度の拡大などもありスポーツジムやフィットネスクラブへ通う人は増えています。利用者の安全を守りながら正しい技術指導をおこなうスキルをもったスポーツインストラクターは今後ますます必要になってくるでしょう。

スポーツインストラクターってどんな仕事?

商業スポーツ施設などで利用者を相手にトレーニングの方法やスポーツの指導をおこないます。
体のケアだけではなく、メンタルのケアも行い、利用者の不安を解消しながらスポーツができるようにケアや応援も役割のひとつです。

ケガの予防

スポーツインストラクターは、ケガやトラブルが起きないように、安全を指導する必要があります。安全に運動ができるように、一人ひとりに合った運動メニューを考え、楽しく安全に続けられるように指導を行います。

メンタルケア

スポーツを長く続けるためには、メンタルのケアも必要です。
利用者のメンタルを支えて利用者が目標を達成できるようにサポートすることもスポーツインストラクターの重要な役割です。

利用者のサポート

利用者によって運動の目的や強度は変わります。利用者の進度に合わせて適切なトレーニングメニューを作成します。ダイエットや、メタボ対策、ストレス解消など目的が分かれるため、利用者の状況によって臨機応変に対応することが必要になります。

スポーツインストラクターになるには

スポーツインストラクターへの道のり

スポーツインストラクターになるには、スポーツジムやフィットネスクラブのほかスイミング、ヨガ、スキーなど各種スポーツ教室に就職するのが一般的です。
必要な資格などはないので誰でもスポーツインストラクターになることが出来ますが、運動指導や安全管理をすることを考えると専門学校でスポーツ科学のような専門知識を学ぶことやそのスポーツに対して理解を深めることが重要でしょう。
また、フィットネスプログラムによっては資格を取得していた方が就職に有利な場合が多いですが、就職の際にはオーディションがある場合も多いため、専門学校で指導力を身に付けるのが理想です。
学校で学ぶ場合は大学のスポーツ科学科、体育大学、専門学校のインストラクターコースといった場所に通い勉強することになります。
数々の専門知識やケガの予防方法などスポーツインストラクターに必要な知識がしっかりと学べるのでスポーツインストラクターとしてのキャリアを考えているなら学校に通うことをおすすめします。

どんなスキルが必要?向いている人は?

スポーツインストラクターは正しいトレーニング方法を人に教える仕事なのでトレーニング方法や人体に関する知識が必要。
よく「詳しい人ほど分かりやすく説明できる」なんて言いますが施設を訪れる幅広い年齢層の人々にわかりやすく伝えるためには自分自身の知識を高めることが大切です。
また、多くの利用者を相手にする仕事なのでコミュニケーション能力の高い人や人と話をするのが好きな人などがスポーツインストラクターに向いていると言えます。

スポーツインストラクターの働き方

スポーツインストラクターの雇用形態としては、フィットネスクラブやスポーツジムの正社員や契約社員として働く他にもアルバイトやフリーランス、もしくは副業として働いている人もいます。
スポーツジムやフィットネスクラブは平日夜や土日に需要が高まる施設なので、そうした一時的な需要をまかなえるフリーランスとは相性がいいです。
仕事が終わった後は自由に施設を使える契約の会社で働き、人に教えながら自分のトレーニングにも活かす人などもおりライフスタイルに合わせた働き方が出来ます。

スポーツインストラクター向けの資格

スポーツインストラクター向けの資格には次のようなものがあります。

健康運動実践指導者

健康づくりを目的とした運動を安全かつ効果的に実践指導できる資格です。
健康運動実践指導者とは、健康づくりのための運動を指導する専門家です。
運動不足による生活習慣病が問題となっている現代にとって、医学・運動生理学・運動指導の知識と技能を持ち、実践指導を行うことができる認定された人です。

エアロビックダンスエクササイズインストラクター

エアロビクスの指導者にふさわしい技能と知識を持つことを認定する民間資格です。
公益社団法人日本フィットネス協会が行うグループエクササイズ資格認定制度のひとつで、大勢の人が一緒に運動をすることで共有できる、高揚感や満足感、達成感を最大限に活かすプログラムを作成し参加者の手本となり導くのが役割です。

FTPマットピラティスインストラクター

身体のバランスを整え、ボディラインを引き締めるエクササイズの指導資格です。

ラディカルフィットネスパワー

専用バーベルとステップ台を使用した全身の筋力向上を目的としたラディカルフィットネスを代表する「筋コンディショニング系」プログラムの指導資格です。

レクリエーションインストラクター

ゲームや歌・イベント・スポーツといったレクリエーション活動を効果的に活用し、レクリエーションを楽しく教えることのできる指導資格です。

幼児体育指導者

幼児期の子どもたちに体育の面白さや素晴らしさ、からだを動かすことの楽しさを伝える指導資格です。

スポーツインストラクターが活躍できる場所

スポーツインストラクターが活躍できる場所をご紹介します。

スポーツジム

筋トレや体力づくりを目的とした利用者へのアドバイスやベンチプレス等の補助員などをします。

フィットネスクラブ

運動不足の解消やダイエット、シェイプアップなど様々な目的をもった利用者が訪れます。
ダンスやエアロビクス、ヨガなど施設によって特色のあるサービスを提供しています。

各種スポーツ教室

スイミング、スキー、サッカーなどスポーツの技術指導をしたり必要なトレーニングの方法などを指導します。