仕事図鑑 JOB DICTIONARY

sports
パーソナルトレーナー

パーソナルトレーナーの仕事

パーソナルトレーナーとは

スポーツジムなどにおいてマンツーマンでトレーニング方法を指導したり、食事や栄養指導などを行う仕事です。スポーツ選手やモデル、俳優などがクライアントとなることがあり、その場合は専属契約を結んで仕事をすることもあります。最近はダイエットや老後に備えた身体作りといった要望も多く、その人にあったトレーニング方法を提案します。

パーソナルトレーナーになるには

トレーニングを提案するための知識とスキルが必要なため、スポーツ系の大学や専門学校でトレーニング科学、運動生理学、機能解剖学、スポーツ心理学、コーチングなどを学び、トレーニングを積んで身体づくりを実践し、自身での経験を通じて知識を落とし込むことが必要です。クライアントとマンツーマンで指導をするため、コミュケーション能力も必要です。

必要な資格や免許は

パーソナルトレーナーの仕事をするための資格は必要ありませんが、民間資格として公益財団法人健康・体力づくり事業財団が認定する健康運動指導士や健康運動実践指導者、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会が認定する資格があり、取得していると仕事に有利です。