仕事図鑑 JOB DICTIONARY

array(2) { [0]=> object(WP_Term)#9350 (11) { ["term_id"]=> int(46) ["name"]=> string(33) "美容アドバイザーコース" ["slug"]=> string(14) "beauty-advisor" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(46) ["taxonomy"]=> string(16) "workbooks_course" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(44) ["count"]=> int(2) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" } [1]=> object(WP_Term)#9348 (11) { ["term_id"]=> int(44) ["name"]=> string(9) "薬業科" ["slug"]=> string(8) "medicine" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(44) ["taxonomy"]=> string(16) "workbooks_course" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "9" } }

health
美容アドバイザー

美容アドバイザーの仕事

美容アドバイザーとは

美容アドバイザーはメイクやスキンケアなどお客さまのお肌や美容に関する相談にのり、適切なアドバイスをすることでお客さまの問題を解決に導く仕事です。
お客さまへのカウンセリングやアドバイス、メイクをほどこすタッチアップなどさまざまなサービスを通してお客さまへ商品の魅力を伝えます。

美容アドバイザーには美容部員、ビューティーアドバイザー(BA)、ビューティーカウンセラーといった呼び名もありますがとくに違いはありません。全国の化粧品売り場や百貨店、ドラッグストアなどで活躍しています。

女性はもちろん最近ではメンズコスメの需要が伸びるなど美容に対する関心は老若男女を問わず上昇しています。そうした美容に悩めるひとたちをサポートするのが美容アドバイザーです。

百貨店以外にも美容アドバイザーっているの?

美容アドバイザーと聞いたときに百貨店のような高級感あふれる職場で働いている姿をイメージするひとは多いのではないでしょうか。しかし、百貨店以外にも美容アドバイザーが活躍する場所はたくさんあります。
なかでも最近増えているのがドラッグストア勤務の美容アドバイザーです。ドラッグストアでは「プチプラ」と呼ばれる比較的安価なコスメを取り扱っており、若年層を中心に人気を伸ばしています。
そうしたドラッグストアの一角には化粧品カウンターがありドラッグストアの美容アドバイザーはそこで美容やメイクに関するアドバイスをおこなっています。
ドラッグストア店員としての業務もこなしながらの仕事となりますが、百貨店や専門店に比べるとより身近で親しみやすさがあるのが特徴です。

美容アドバイザーってどんな仕事?

美容アドバイザーの仕事は主に接客と化粧品の販売です。お客さまへカウンセリングをおこない、お客さまの悩みや目的を聞きくことでお客さまに合った化粧品を見つけます。
実際にメイクやスキンケアをおこなうタッチアップ、香りや肌ざわりを確かめてもらうハンドデモといった方法で商品の良さを伝え販売へ繋げます。

自分の進めた商品のおかげでお客さまの悩みを解決できたときに大きなやりがいを感じる美容アドバイザーも多いです。

カウンセリング

カウンセリングではお客さまのメイクアップやスキンケアに関する悩みの相談にのり、最適な解決方法を提案します。
肌の悩みは体質など個人差も大きいためお客さま一人ひとりに対して真摯に向き合うことが大切です。

接客業務

会計や商品案内といった基本的な接客業務も美容アドバイザーの仕事です。
化粧品専門店では店内の雰囲気づくりからこだわっているところも多く、売り場にふさわしい立ち振るまいをすることも重要です。

タッチアップ

化粧品の良さを知ってもらうには実際に使ってもらうのが一番です。タッチアップでは美容アドバイザーが実際にお客さまへのメイクやスキンケアをほどこします。
お客さまにご満足いただけるようなタッチアップをするには高い技術が必要となります。

バックヤード業務

在庫管理や検品、陳列といったバックヤード業務も美容アドバイザーの仕事です。化粧品はガラス容器をつかったものも多く重量があるので体力が必要となる業務です。

美容アドバイザーになるには

メイクを学びたいなら専門学校に通いプロの技術を勉強しよう!

美容アドバイザーになるには美容専門学校や大学を卒業し、化粧品メーカーや化粧品売り場をもつ百貨店、ドラッグストアなどへの就職を目指すのが一般的です。
企業によってはインターンシップ制度を取り入れているところもあります。

美容アドバイザーになるために必要な資格などはないため誰でも目指すことができます。
しかし、タッチアップのようなお客さまに直接メイクをほどこす業務をおこなう場合、ちゃんとしたメイクアップ技術を持っていないと適切なメイクをほどこすことができません。 
なので、美容アドバイザーを目指すなら専門学校で勉強し、知識もスキルもしっかりと身につけると良いでしょう。

登録販売者の資格を取ればドラッグストアで働きやすくなる!

百貨店のイメージが強い美容アドバイザーですが、最近ではドラッグストアでの需要も増えてきました。
そのため、美容アドバイザーになるためドラッグストア勤務を目指すというのも現実的な1つの手段となっています。
ドラッグストアで働くことを考えた場合、非常に便利なのがこの「登録販売者」の資格です。登録販売者になると薬剤師がいなくても安全性の高い医薬品なら販売できるようになるためドラッグストアでは重宝されています。
ドラッグストア勤務を目指すならぜひ取得しましょう。

美容アドバイザーのキャリアパス

美容アドバイザーのキャリアパスとしては主に販売店での活躍を認められチーフや店長、ショップディレクターへと出世するコースがあります。
また、化粧品メーカー勤務の場合、美容アドバイザーとしての経験を活かし、マーケティング部門や新商品の開発部門に転身することもあります。

美容アドバイザーはお客さまと直に接する機会の多い職業です。お客さまと向き合っていく中で培った経験はさまざまなところで活かせるでしょう。

美容アドバイザーの活躍の場は?

  • 化粧品メーカー
  • 化粧品専門店
  • 百貨店
  • ドラッグストア
  • エステサロン

化粧品メーカーに就職し、直営店や一般の販売店へ出向しているケースや百貨店やドラッグストアの店員として就職するケース、エステサロンで肌の悩みに対するアドバイザーをするケースなどがあります。
美容に関するサービスは多岐にわたるためここに挙げたような場所以外で活躍している美容アドバイザーは数多くいます。

美容アドバイザーに役立つ資格

日本メイクアップ技術検定試験

一般社団法人JMAが実施しているメイクアップ技術に関する資格です。1~3級までの難易度がありますが、上位レベルにいきなり挑戦することはできず3級からのスタートとなります。
技術検定試験の名の通り実技に重点をおいています。筆記試験はなく実技のみなので、合格のためには知識だけでなくメイクの腕も必要となります。
また、メイクの実技という試験の特性上、メイクをほどこす相手となる女性モデルを用意しなければなりません。

日本化粧品検定

日本化粧品検定協会が実施している化粧品や美容に関する検定試験です。
1~3級までの難易度があり、必要となる受験資格はありません。上位のレベルになると科学的な根拠に基づく美容や化粧品への理解を求められるため難易度が上がります。

受験者の多くは化粧品・美容関連業界の人であり、自身のキャリアアップのために受験する人が多いようです。
3級はWeb受験形式でおこなわれているため、誰でも無料で受験できるのが特徴です。

登録販売者

医薬品の販売に関する資格なので美容アドバイザーとは一見関係ないように思えますが、最近のドラッグストアではリーズナブルなコスメを数多く取り扱っているため、化粧品売り場としても大きく成長しています。
そのため、ドラッグストアで役立つ資格を持っていれば美容アドバイザーとして働きやすくなるでしょう。
登録販売者資格を持っていれば薬剤師じゃなくても医薬品を販売できるようになるため、ドラッグストアでの採用で有利です。

AOエントリー

AOエントリー

ネットエントリーなら
スマホから簡単エントリー!

今すぐエントリー!
AO入学の特徴
  • エントリー無料!
  • 選考は「面接」「作文」のみ!
  • 早期に進路決定できる!
エントリー資格
  • アイコン 将来の夢や目標
    持ってる人
  • アイコン 好きな仕事を通じて人に
    喜びや感動を与えたい
  • アイコン 「好きなことを仕事にしたい」
    という気持ちを持っている人