歯の健康を守る仕事がしたい!
歯科衛生士と歯科助手の違いとは?

歯の健康を守る仕事がしたい! 歯科衛生士と歯科助手の違いとは?

歯医者さんでは、歯科医師、歯科衛生士、歯科助手という3つの職種の方々が一丸となって治療を担当します。歯科衛生士と歯科助手にはいずれも歯科医師をサポートする役割がありますが、この2つの職種にどのような違いがあるのか把握していない方もいるかもしれません。 歯医者さんで働きたいと考えている方は、歯科衛生士と歯科助手を明確に区別できるよう知識を得ておきたいですね。そこでこの記事では、歯科衛生士と歯科助手の具体的な違いや仕事の範囲についてご紹介いたします。

歯科衛生士の主な仕事内容とは

歯科衛生士の主な仕事は、歯科診療補助と呼ばれる歯科医師のサポート業務です。歯医者さんで歯科衛生士として働くためには、2年間以上専門学校や短大に通った上で、国家資格を取得する必要があります。資格を取得することによって一部の医療行為を担当することができ、治療の幅も広がるのです。 歯科衛生士の歯科診療補助には、三大業務と呼ばれる3つの仕事があります。ここからは歯科衛生士の3つの業務についてご紹介いたします。

歯科衛生士の仕事1:診療補助

歯科衛生士の仕事としては、歯科治療中に検査をしたり歯型を取ったりという業務が挙げられます。器具の受け渡しをしたり、口の中のツバや水を吸い取ったりすることも多いものです。ただし、麻酔をかけたり歯を削ったりという治療は歯科医師のみがおこなうことができ、歯科衛生士は担当できません。

歯科衛生士の仕事2:保健指導

歯科衛生士には、歯磨きや口腔ケアのポイントを指導する仕事もあります。歯医者さんにかかった患者さんに対して指導をするだけでなく、幼稚園や保育園、小学校のこどもたちや、産婦人科に通う妊婦さんに向けて口腔ケア指導をおこなうこともあります。

歯科衛生士の仕事3:予防処置

歯科衛生士は、虫歯のない患者さんに対して虫歯予防の処置をおこなうこともできます。歯や歯肉の状態をチェックし、必要ならば薬剤を塗ったり歯石を取ったりという処置をするのです。こういった処置で口内環境を整えておけば、虫歯にかかりにくい健康な口内環境をキープすることができます。

歯科助手の仕事内容は? 歯科衛生士との違いは?

歯科助手は歯科アシスタントとも呼ばれる仕事で、歯科衛生士とは違い特別な資格等は必要ありません。 歯科衛生士と歯科助手の大きな違いは、患者さんの口内に触ることができるか否かです。歯科助手は患者さんの口に触れる医療行為をおこなうことはできないので、担当する業務はそれ以外のものになります。具体的な仕事内容は、患者さんの受付や診療の準備、器具の用意や片付けなどです。 まったくの未経験から歯科助手になるという方もいますが、多くの方は専門学校やスクールで基礎的な知識を学びます。スクールや民間企業の歯科助手講座を修了し、歯科助手として活躍する方も多いものです。

歯科衛生士と歯科助手の仕事をほぼ同じものと捉えている方もいるかもしれませんが、担当できる業務の範囲には大きな違いがあります。特に、歯科衛生士として活躍するためには国家資格が必要なので、将来活躍するためのスキルを得たい方は専門学校で学んでおきたいですね。 歯科助手ならば未経験の状態から働くことも可能ですが、専門学校等で知識を得るのもおすすめですよ。専門性の高いスクールでノウハウを取得し、素敵な歯科衛生士や歯科助手を目指してみてくださいね。

スポーツトレーナーに必要なスキル

 歯科衛生士科

他のおすすめ記事一覧