スポーツを情報分析でサポート! スポーツアナリストの仕事内容

スポーツを情報分析でサポート! スポーツアナリストの仕事内容

スポーツアナリストは、スポーツの業界で選手やチームを総合的にサポートする、専門性の高い仕事です。この仕事が日本で注目されるようになってからはほんの10年ほどしか経過していないため、まだまだ国内では認知度が低いのが現状です。しかし、データを活用した戦略を採用するスポーツ選手やスポーツチームが増えていることから、今後スポーツアナリストの必要性が高まる可能性も十分に考えられます。 ここでは、スポーツアナリストの仕事内容について解説していきます。

今、スポーツアナリストの需要が高まっている

スポーツアナリストは、スポーツ選手やスポーツチームを勝利に導くためにサポートする職業です。ただ練習や試合の手助けをするのではなく、スポーツを科学的に分析したりデータ収集をしたりしながら、効率的な戦略を提案していきます。
スポーツに対して「ただがむしゃらに根性で戦う」というイメージを持つ人は多いものです。しかし近年では、あらゆる情報を分析して戦う戦略が勝敗を左右することが増えてきました。これに伴い、高い精度で戦い方を分析できるスポーツアナリストの需要も高まっています。

スポーツアナリストの仕事内容とは

スポーツアナリストは、さまざまな方法でデータ収集や分析をします。具体的には練習や試合の映像を解析したり、スコアを統計的に分析したりします。エンジニアリングやコンピュータサイエンスの領域から高度な分析をするスポーツアナリストも少なくありません。このことから分かるように、スポーツアナリストの仕事にはスポーツ専門の分析ソフトを使うことが多くなります。そのため、コンピュータを自在に扱う高い技術力も必要不可欠です。
また、スポーツ選手や監督は、その競技に対する十分な経験を持っています。そんな選手や監督に対し、競技者とは違う視点から精度の高い有用な情報を伝達することが、スポーツアナリストの存在意義といえます。

スポーツアナリストに必要な能力とは

優秀なスポーツアナリストになるためには、情報収集力や情報分析力が必要不可欠です。選手やチームに主観で指示を出すのではなく、データをもとにした客観的な情報を提供することが仕事になります。
そのため、情報を有用に活用してもらえるよう、選手やチームに上手に伝達する能力も重要です。選手や監督と厚い信頼関係を構築し、情熱を持ってサポートしていくことが、勝利につながっていきます。
スポーツアナリストを目指すのなら、競技に関する十分な知識を持った上で有用な情報を収集するスキルを磨いておきたいですね。

スポーツアナリストの業界はまだまだ日本では開発中の分野です。しかしスポーツ業界では今後、データを活用するという戦い方がどんどん浸透していくことが考えられます。 スポーツに特化した専門学校ならば、スポーツアナリストになるための学習を積み重ねることができます。情報収集やデータ分析のスキルを磨き、情報戦術で選手やチームを勝利に導く有能なスポーツアナリストを目指しましょう。

国家試験と公務員試験を受けて救急救命士になる

スポーツ科学科

他のおすすめ記事一覧